◎配信時の設定と注意について


「各モーションの調整について」でも触れましたが、「配信中に自分の顔を出してしまう」危険性がある操作の注意点について、再度こちらにまとめておきます。

---

WEBカメラにどういう風に映っているかは、『画像を画像モードに切り替え』ボタンを押すことで、FaceRig画面内に切り替わり式で表示されます。

配信時にこのボタンを押してしまうと、映すつもりではなかったWEBカメラの画像(自分の顔)が出てしまうことがありますので、間違ってこのボタンを押さないように注意してください


8-006


万一間違って押してしまった場合は、すぐ横にある『ブロードキャストに切り替え』ボタンを押すことで、FaceRigの配信状態をOFFにすることができます。

6-002



WEBカメラ映像を非表示に戻すためには、再度『画像を画像モードに切り替え』ボタンを何回か押していくと非表示になります。
(非表示⇒左下ウィンドウにWEBカメラ画像を表示⇒全画面でWEBカメラ画像を表示⇒アバターの背景にWEBカメラ画像を表示⇒非表示……の順で切り替わります)